寺史(沿革)

戦国時代の天文7年(1538)に、信州小笠原家の後裔である下方氏一族の下方貞清が義雲祖嚴和尚を開山とし、居城である上野城の北東にある藥師堂に祀られていた薬師如来を本尊として寺院を建立したことにより、永弘院の歴史が開かれました。

貞清は、戦乱の世が進み戦場を駆け巡る日々が多くなると、武運長久と一族の安穏を祈願するために信仰していた勝軍地蔵菩薩を祀るためのお堂を寄進し、お寺を心の拠り所としました。

しかしながら突如、本能寺の変により下方氏一族の存亡の危機が訪れることとなり、永弘院も檀越である下方氏の荒廃と命運を共にしていくこととなりました。

歴代住職の厳格な宗風により、上野村の禅寺として村々の人々に支えられ、少しずつ伽藍を整えていきましたが、幾度となく災厄に遭い、五世言峰如侃和尚の代、九世魏峰祖欽和尚の代、十四世孝山玄裕和尚の代に大規模な再建がされたことが、伝わっております。第二次世界大戦中の昭和20年5月14日、名古屋大空襲により、山門・鐘楼を残して悉く灰燼に帰し諸堂宇を焼失しましたが、人々の熱心な信仰に支えられ、十八世獨峰玄猷和尚、十九世宏道正稔和尚の代に本堂、納骨堂、庫裡、書院、玄関、隠寮、地蔵堂、茶室、塀等を逐次再建・新築し、今日に見る伽藍となりました。

宏道正稔和尚は、月々の行事、授戒会などの大行事を精力的に行ない、布教教化に邁進し、寺門法燈の護持に尽力せられました。平成23年6月には、二十世住職が就任しています。

塔頭に法蔵寺・万福寺・修善菴という末寺がありましたが、現在はありません。また、扣地も上野村村地各所にあったことが伝えられています。

※『尾張侚行記』巻2(1822年)刊に、「永弘院界内二反五畝備前検除○府志曰、永弘院在上野村、号上野山、臨済宗、属洛陽妙心寺、下方左近永弘住此、即建之、故名曰永弘院○天文七戌年草創ノ由、然ル二此寺下方氏離散ノ後零廃シ、言鋒長老、元禄三年今ノ所ヘ易地再建」
(府志…『尾張府志』宝暦三年(1752)刊、天文7年…1538年、言鋒長老…五世言峰如侃禅師、元禄3年…1690年)

※『尾張志』天保十四年(1843)刊に、「永弘院上野村に有り上野山といひて京都妙心寺の末寺なり。当所の領主下方左近源貞清創建して義雲祖嚴和尚を開山とせり。貞清は信長記安土創業録、織田軍記等にいへる小豆坂七本鎗の一人にして、慶長十年七月十四日に死去し法号を永弘院心源浄廣居士といふ。則、当寺の号とす。名古屋の世臣下方氏小瀬氏の祖なり。義雲和尚は加茂郡萩平村三玄寺正宗法憧禅師の法嗣にして、犬山口徳授寺に前住せり」