臨済宗妙心寺派について

インドの達磨大師さまから中国の臨済禅師さまを経て、妙心寺開山・無相大師さまへと受け嗣がれてきた一流の禅を宗旨とし、その教えを教義としています。
お釈迦さまを大恩教主と尊崇し、その教えを心にいただき禅による安心を求め、わたしたちの人生・生活にいかしていきます。

自身が仏であることを信じて坐禅を主とする仏道修行に励み、足下を照顧しながら今生かされている自分を感謝して、社会を心の花園と念じ和やかな人生を目指します。

   「生活信条」

・一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう
・人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう
・生かされている自分を感謝し 報恩の行を積みましょう

   「信心のことば」

・わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう
・衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう
・社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう

妙心寺 妙心寺境内案内図