下方弥次右衛門

下方弥次右衛門は、貞弘の長男です。福島正則に仕えましたが、浪人の身となりました。その後、尾張藩主徳川義直に仕え四百石の禄を賜わり、明暦2年(1656)に亡くなりました。

※下方弥左衛門と同人物ともいわれています。